「ほっ」と。キャンペーン
彼と私 ~現在~
彼のことを思い出すことは今はほとんどない
毎朝習慣のように 彼の名前を心の中でつぶやくことも

心の中で彼が中和されてしまったような
心が軽くなった

それでも彼と彼女がお休みの日一緒にいるのをみると
少し心がざわざわってする
でも笑っていられる 
彼と共通の友人に 「あのコと一緒にいるのみたよ~」
と言って なんとなく落ち着かせる 
思い込まないよう 妄想しないよう 別にいいじゃんって

すぐ普通に戻れる 
彼が隠れるように 早足になるのを 見逃さなかったから




あの最後に連絡取れなくなってから 1年経ちました

今は彼のほうから時々 メールや電話がかかってくる
以前と違うのは 返信しても返事が欲しいと思わない
着信があっても 自分から電話しない

なんどか電話がかかってきては 
今の話しや悩みやイロイロはなしてくる

そういえばこうやってよく長話してたなって思う
話してるとすごく楽しかったことを思い出した

話してると弱気なところが少し見えてくる
こんなところを守ってあげたいと思ってたことを思い出した

すごく好きだった人だと 思い出した


もう全然平気なのに たまに気になっちゃうのは
多分彼が私の飛び越えなきゃいけないハードルなんだとそう感じた
一ヶ月くらい前の夜 久々にワイン飲んでたら涙が出てきた

彼に「君は私の飛び越えなきゃいけないハードルですよ」ってメールした
「一緒に海行こう」って返事が来た 
ホントニは行かないとしてもそれでいいって思った

また前に進めたよ あの日ね。


今彼は昼の仕事が終わると 
夕方からあるクリニックで勉強しながら働いてる
彼に呼ばれて 行ってきた

楽しそうに頑張ってた もう途中で止めちゃだめだよ
心の中で思いながら 口ではダメ出しいっぱいしてきた
「うるさいっ!!」って笑ってた

ドキドキはもうしない 
ただこのまま時間は続いていくような気がしてる
ただの私の勘。

帰りに「白衣結構かっこいいでしょ?」ってちょっとテれてる
「似合ってるよ~。やばいねっ!!」
「がんばりなっ!」バイバイって手をふった 前やってたみたいに

前と違うのは彼も手をふってくれた


話をすると 彼が私がもう忘れかけたことちゃんと覚えてたのがわかる



これでよかったんだと思う


この先はわからないけどね
なんとなくこのままでいい気がする

もう二度と会うことがなくても
話をすることがなくても


やっぱり彼と出逢えて 大好きになれたことだけで
すごくしあわせだったなって 今はなんとなくおもえる。




P.S. 私サーフィン上手になりましたよ(*^^*)V
[PR]
# by mint-_-mint | 2007-09-20 09:53 | ** 現 在 **
久しぶりの再会
彼から何度かメールが来た
そして8ヵ月ぶりの再会
しばらくはなしをした

ちょっとぎこちない

元気そうだったけど
彼病気になってた・・・
死んじゃうこともあるって

「死んじゃだめだよ。体大事にしなよ。」

笑ってた

「mintさんみたいな人はいないなってわかった。」

そう言われた

ばいばいした後
振り向かないで家に戻った
しばらく彼はじっとしてたみたい
玄関の前にたどりついたら
車が出る音が聞こえた


体大事に これからの人生楽しんで
楽しいこと いっぱいあるはずだから

そう思った
[PR]
# by mint-_-mint | 2007-05-16 16:19 | diary
最近気付いたこと。
ずっとずっと大好きだった彼。
彼のことは目の前にいる瞬間しか
信じられなかった気がする。

目の前にいる瞬間だけが全てで
会えない日々・時間
見えない瞬間は
不安な気がしてた。

いつの間にそんな風に人を好きになるようになってたんだろう。



好きと言う気持ちは
そんなには簡単に変わらない。
そうだったんじゃないかって思い出した。

私はずっと彼が好きだったけど
彼の気持ちは全然信じられなかった。
結局 片想いだったから・・・。だね。

今好きな彼は会えなくても変わらない。
気持ちはそんなに変わらない。
そうだった・・・
久しぶりにそう思い出した。


他愛のないおしゃべり
姿を見ただけで安心
変わらない態度・笑顔

けんかもやっぱしちゃうけど
変わらない

お互いの好きなもの嫌いなものを
ひとつずつ知っていく瞬間

なんかそれだけでいいじゃん

全然知らない同僚が私たちに
『何二人で愛を育んでんだよ~笑」と言った 
全くの冗談 酔っ払って言ったコトバ

でもそうだなぁ。いいコトバだなぁって思った。なんとなく。
[PR]
# by mint-_-mint | 2007-04-05 22:28 | kimochi
時間
ゆっくりと時間が流れる

しあわせのひととき
[PR]
# by mint-_-mint | 2007-03-15 19:38 | kimochi
2月28日 誕生日
2月28日は大好きだった彼の誕生日でした
久しぶりに誕生日おめでとうメールを送った
返事は全く期待してない

半年間音信不通だったから
実はこの前日マンション内で
彼を見かけた
彼も私に気付いてこっちを見てた
でも 大人ぶって「おはよう。元気?」って言ういつもりしてたのに
知らない振りしてしまってた・・・大人気ない。

誕生日の朝メールしてからお出かけして
サーフショップで海グッズを買った 笑
お店の人と海の話してるだけで やっぱ楽しい♪
その後友人に偶然会ってランチをした

翌日 「誕生日メールありがとう mintさんだけだったよ うれしい。ありがとう」
って返事が来た 驚いた 嬉しいというより びっくり そして動揺・・・

友人たちにそのことをメールしたら 全員返事は同じ
「返事しちゃだめ。無視しなさい。」
「今までされたこと覚えてないの?」
「繰り返す気?」・・・って

気持ちが落ち着かず
今好きな同僚の彼に夕方電話した
すぐに私の様子がおかしいのに気付いたのか
「なんかあった?だいじょうぶ?」
って聞いてくれた しばらく話をした後
彼からメールが来た話をした
やっぱり返事は同じだった・・・。

そうだよね。みんなの言うとおり。
でもなんかあったのかな・・・って考えてしまった。
誕生日メールをしたのは私のほうだけどね。
元気でいればそれでいいと思う もう同じことは繰り返せないよ。

今好きな彼も 何年か前に恋をしていた
結婚もして子供も生まれたばかりだったけど
その彼女のことがすごく好きになって
離婚してその彼女と一緒になろうと本気で思っていたらしい
でも彼女が身を引いたって・・・

そんな経験があるから 同じあやまちは繰り返さないと思ったらしい
無邪気に私に好きだといい 思うがままに進んできたけど
よく考えればわかること それが大人の責任なのかもね

わかりすぎる 



でも 好き という気持ちってすぐには消えないよね
消せるものなの? 




私には海しかないなって思う
彼はこの前「俺が死ぬまで止められないんじゃん?」って笑った
死んじゃったら もっと忘れられない 多分
「俺よりいい男現れるまで無理だなぁ。 多分現れないけど・・・」
ってまたそんなこと言った

それは忘れなくていいってことなのか
忘れなさいっていってるのか よくわからない

女とは確認する生き物らしい。 



2月28日のことはただの思い出。そう思おう。
[PR]
# by mint-_-mint | 2007-03-07 20:06 | diary
束縛
束縛されたことはないなぁ。
もしかしたらあるのかもしれないけど
多分苦痛じゃないからなんとも思わなかったのかも。

今までの恋は好きな人にすべて合わせてたきがする。
好きな人のために何かをするのが結構・・・いやかなりすき。

無理をしてでも何とかしようと思うし。

だからといって相手を束縛することもない。



今すきだと感じてる彼。
一日のことを報告してくる。
私にも聞いてきたりする。

学生時代の友人たちと夜食事に行ったとき
待ち合わせの時間までメールをくれてた
道に迷いそうだとメールをしたら電話までしてきてくれた
時間までそのままおしゃべり

その日仕事だった彼はうちに帰るまで何度かメールをくれた

会社を出るとき私との携帯のやり取りをメールも通話も削除する彼
だから一日の最後の連絡があったら次仕事の朝まで連絡はしないがルール

でもその日は 家に着いたらどんなに遅くてもいいから
非通知でワン切りしてね って言われた

多分人によっては 『何言ってんの???』って感じだろうけど
私は嬉しかった なんか嬉しいじゃん って 笑


実はその日の朝 東京で初めて雪がちらついた
彼は私に知らせたかったらしく 珍しく朝早くから電話してきた
残念ながらその電話には気付かなかったし
彼のいる場所と私のいる場所は一キロも離れてないのに
私の家の周りは雪はちらついてなかった・・・

そんな風に思ったことを思った瞬間
私に伝えたいと思ってくれる彼を好きだと思ったんだ
[PR]
# by mint-_-mint | 2007-03-07 17:48 | kimochi
癒し
昨日書いた同僚の彼とはあっという間にすごい勢いで
お互いに盛り上がってしまい 冷静になろうと
彼のほうからお別れみたいなことを言われました

『俺から言ったのに こんなこと言ってごめんね。』

本当に好きだと想われる喜びを感じながら
私もどんどん好きになってしまってる時だったから
電話で話しながら泣いてしまってました
『ずるいじゃん・・・』 って

一時間くらい電話で話したけど
その後会ってくれる?と聞いたらまた会いにきてくれたんだ

いつもの公園のグラウンドのベンチ
最初は週に一度だけだと言っていたのに
いつの間にか週に何度も 時間を忘れるくらい
色んな話をしたら ぎゅっと抱きしめあったりしたベンチ

『キモチは一緒だから泣くなよ』と先に言われた
だからいつもみたいに大声でお腹抱えて笑っちゃうような話して
バレンタインに渡そうと思ってた きれいなライターを渡した
ずっとずっと使ってね って

素足にパンプスはいて飛び出したから
『寒くねーの?』って私の足の甲を撫でる
いつも貸してくれる上着
頑張って笑って話してる私たちの下を
カップルが通った 彼女が泣いてた 彼が慰めながら・・・
一瞬泣けない私たちを浮き立たせてるみたいな気がしてしまった

大好きだった彼がいた話をした
すごくすごくすきでやっと立ち直って
でも同じことをしちゃった自分を情けないと思った
そんな私を彼は『そんな風に絶対思うな』と言ってくれた

あっという間だったけど大好きになってた

私の親友がいつか言ったコトバ
『恋愛は時間じゃないよ どのくらいその人を想ったかだよ』
彼も同じことを言った 

時間じゃないよ すごくすきになれる人はこの世にそんなにいないよ って
私はずっと癒しの存在で 大切だと想う気持ちは変わらないって

ただ 罪のない娘を傷つけることは絶対にできないから

私と抱き合って帰った後 無邪気に笑う娘に会うことができない・・・そう言ったんだ

そういいながら私の頭を撫でてくれた
私を守りたいと思う 何とかしてやりたいと思うそういってくれた彼

いつもみんなの気持ちに気付き気を使う彼
精一杯私を元気付けようとしてたのか
公園中に響き渡る大きな声で笑い話をして
すれ違う人がみんな私たちを見ちゃうくらい大きな声で
面白いことを言って私を笑わせてた

最後にバイクに乗ったとき後ろから抱きついた
彼も少し悲しい目をして

『会社には絶対来いよ。絶対自分を責めるな。』
『好きだと言った気持ちはウソじゃないよ。』

って言ってくれた
いつも通り姿が見えなくなるまで彼のバイクを見送った




私はどうしてフラレチャウノカなぁ・・・。
彼と二度目のデートを約束してた前日の夜。
2月の初めのころの話です。




今でもやっぱり好きです。
今日も電話でやっぱり長話したけどね。
お互いの家族の話。
わざとしてるみたいな気がしてる。お互い。
[PR]
# by mint-_-mint | 2007-03-06 20:30 | kimochi
同僚の彼
同じ職場の彼への気持ちを先に書くと
『好き』だと感じる

初めて会ったとき さわやかな人だと思った 
ただそれだけだけどね
その頃は今まで書いてきた彼のことが大好きだった

ずっと一緒に仕事をしてきて色々その彼のことを見てきて
私の人生で1番好きだった10代の頃大好きで
初めて付き合った人に似ていたんだ
外見じゃなくて性格とかタイプとか
まさに私の好きなタイプぴったり というか基本みたいな 笑

でもそんなことで好きになったりしない 
多分私が10代の中高生だったらすぐ好きになってた感じ 

毎日メールが来る 何度も電話がかかってくる
声が聞きたかったからとか
嬉しいことがあったり 悔しいことがあったり
何かあるとすぐメールや電話が来る

すごくいいタイミングで言ってほしいことを言ったり
して欲しいことをしたりする 

相当の恋愛上手と言うか慣れているか
ただ無邪気で素直な人

一緒にいるうちに後者だってすぐわかった
すごく優しい。

初めてのデートしてから彼の中で私への気持ちが相当膨れてたみたいで
ある日仕事が終わって同僚の結婚祝いの飲み会までの待ち時間
雨の中歩いて私に会いに来た

初めて抱きしめられたときは驚いたけど
この日はぎゅってされながら なんか居心地の良さを感じてしまった
好きになってしまうかもって自分が認めたら止まらなくなるのがわかってたから
絶対そう思わないようにしてたし 本気で二度と恋をしない
傷つきたくないっておもってたし
その彼とは気持ちを許したらお互いに止まらない気がしてたんだ 勘で 

『明日朝会おう』

って言われた 会いたいって思ってしまった
次の日彼と会って初めて抱き合ってしまいました
こんなこと思ったことなかったけど
体の相性ってあるんだなぁって初めて本気で思った

彼と抱き合ったときは手放しで幸せだった
大好きな人に抱かれてるだけで幸せだったんだよね

でもその人とは体中で感動してしまった 変だよね
彼も同じことを言ってた
それでね悲しいことに 今まで大好きだった彼は
やっぱり私のこと好きじゃなかったんだって気付いてしまった

欲求のためだけに私を抱いてたんだろうなってそう感じた

私を好きだという彼とは抱き合ってるときもその後も幸せだった

二人でお茶を飲んだ後 
徹夜で飲み明かしてた彼が ちょっとだけ寝ていい?
って聞いて 私の横で私の手を握ったままソファーに座ったまま寝てしまった
寝顔がかわいかった

29歳の彼は大人と子供の顔をしてた

どんどん好きになってしまいそうな気がしちゃったんだよね



お昼ごはん作ろうとしたら
『作らなくていいよ 帰りたくなくなるから』
って言って私の手を止めたけど

後から彼は遠慮してたんだろうなぁ 
作ればよかったと後悔してしまった







今その彼のことが好きです。
[PR]
# by mint-_-mint | 2007-03-05 20:37 | kimochi
色々な想い。
もう書くのやめようかなって思った。
でも色々な想いを書いてきたから。

最近の私は色々なことがたくさんあってわかりません。
でもこれが最近の色々な想いです。


彼とけんかをして姿さえ見なくなったのは9月。
もうまもなく半年かな。
すごく落ち込んでたけど海行ったり色んなことして元気になった。
キモチも楽になって楽しく過ごせる日々が多くなってた。
友人たちとお酒を飲んでいても 
『あんな子もういいよ~!!今は海にいるときが一番幸せ♪』
って本気で語っちゃうくらい 彼から離れていってる感じがしてたんだ。

日記にもした気がするけど
同じ職場の誰からも好かれている男性から
クリスマスに突然プレゼントをされた 
びっくりした すごくきれいなイタリア製のペンだった
取引先が代理店になっていて 私にプレゼントしたいと思ったらしい

でも忙しい時期で姿を見かけることもなかなかなくて
私はお正月休みになっちゃったんだよね
年が明けて何日か過ぎて初めてその彼に会った

すごく元気な人なので私を見かけてすぐ寄ってきて
『minさん今年もよろしくね!!』って
私も嬉しかったのでそのペンを使ってることをアピールしたら
嬉しそうにニコニコしてた でも『みんなには内緒ね』だって

そのあとその彼とメアドの交換をしたんだ
で海に行った帰りに初めてのメールが来た
その次の日に突然デートに誘われてしまったのよ

悩んだけど話してたら会いたくなった
その次の日朝一(!)で渋谷で待ち合わせをして一緒に遊んだんだ
と言うより色んな話をした
私のことずっと好きだったし でも片想いだと思ってたから
プレゼントしたのはただの自己満足で・・・
だからこんな風に一緒に会えるなんて思わなかったみたいな

去年の夏の会社の飲み会のときずっとずっと隣にいて口説かれた
でも私は軽い冗談だとずっと思ってたんだよね
でもそのときからだんだん私を好きになったらしい

半日遊んでて でもなんだか緊張して 
なんとなく私はその彼とはデートするのはコレが最後で
次はないだろうなぁなんてこと考えてた よくわかんないが本心。

でも帰り際 抱きしめられてキスをされた
すごく好きだと言われた

でも私は好きだけどその好きが自分の気持ちなのによくわからなかった

彼を好きだった気持ちとは明らかに違ってたから
心の底から湧き上がるような気持ちとは違ってた

でもね その彼の気持ちはその日から
どんどん膨らんでエスカレートしていくのがわかった

戸惑ったし 自分でもよくわかんないし・・・



でも日に日にその気持ちに巻き込まれちゃったんだな・・・。


その人は私みたいだった。
私みたいに私を好きだってすごいエネルギーを感じた。 笑
[PR]
# by mint-_-mint | 2007-03-05 18:43 | kimochi
・・・



もう恋はしません 二度と 

そう思った・・・
[PR]
# by mint-_-mint | 2007-02-10 21:05 | kimochi